商品インポート [ベータ] アドオンを使用すると、商品インポートの手間が省けます。商品インポートの各種設定を保存し、後で同様の設定を再使用することが可能です。

この商品インポート[ベータ]では、既存商品インポートの下記問題を解決します。


問題: サプライヤーから提供されたファイルのフィールド名がCS-Cartのフィールド名と異なるため、インポートするファイルのフィールド名を手動で変更する必要がありました。

解決: 商品インポート[ベータ]では、インポートするファイルのフィールド名とCS-Cartの商品プロパティ名をマッピングすることが可能です。そのためインポートするファイルのフィールド名を変更する必要はありません。


問題: インポートするファイルのデータを変更する必要が時々ありました。例えば、商品をサプライヤーのの提供金額以上で販売する場合、金額を手動で変更する必要がありました。

解決: 商品インポート[ベータ]では関数を使用してインポートするデータの値を加工することが可能です。金額の変更は関数を使用すると簡単にできます。


問題: サプライヤーによってはCSVファイルではなくXMLファイルを提供してきます。既存の商品インポートではCSVファイルしかインポートできませんでした。

解決: 商品インポート[ベータ]ではXMLファイルとCSVファイルをインポートできます。


問題: サプライヤーから提供されたCSVファイルに同名のフィールドが複数存在している場合、それらのフィールドは正しくインポートされませんでした。

解決: 商品インポート[ベータ]ではインポートするファイルのそれぞれの同名フィールド(あるいはXMLノード)とCS-Cartの商品プロパティ名をマッピングすることが可能です。例えば、1商品につき複数の画像をインポートすることができます。


問題: サプライヤーは定期的にファイルを提供してきますが、商品インポートの定期的自動実行はできませんでした。

解決: 商品インポート[ベータ]の設定を保存すると、クロンジョブによって定期的に自動実行することができます。クロンジョブのコマンドはファイルタブに表示されています。


商品のインポート方法

1. 管理画面において、一般設定 → インポート → 商品 [ベータ]にアクセスします。

2. 「+」 (商品インポートを追加)ボタンをクリックします。

商品インポートの設定を保存すると、それを再利用して類似構造のファイルを何度でもインポートできます。

3. 商品インポートの設定をします。CSVまたはXMLファイルを選択し、設定用の名前を入力します。(分かりやすい名前を登録すると後で見つけるのが容易です)

XMLファイルをアップロードする場合、下記の例を参考にXMLターゲットノードを指定してください。

<?xml version="1.0"?>
<data>
    <address>NY, Green Street</address>
    <working_hours>9 am - 5 pm</working_hours>
    <products>
        <product>
            <sku>D00014MK1P</sku>
            <item>65" Class (64.5" Diag.) LED 8000 Series Smart TV</item>
            <in_stock>Yes</in_stock>
            <price>500</price>
        </product>
        <product>
            <sku>K01502P8VF</sku>
            <item>Wildwood City Classic</item>
            <in_stock>Yes</in_stock>
            <price>300</price>
        </product>
    </products>
</data>

上記の例では、XMLターゲットノードは data/products/product となります。これは1商品の全情報を含むXMLノードへのフルパスです。

4. 登録をクリックします。

5. フィールドマッピングタブが表示されます。

  • インポートファイルのフィールドとCS-Cartの商品プロパティをマッピングします。
  • フィールド値の例を参照し、マッピングが正しいかを確認します。インポートするデータがCS-Cartの商品プロパティのフォーマットに一致するか確認してください。
  • 必要であれば関数を追加して、データを加工してください。関数一覧ボタンをクリックすると、各関数の詳細が表示されます。

6. フィールドマッピングと関数を設定し保存ボタンをクリックしてください。設定に問題がなければ、フィールド値の例に関数が適用された値が表示されます。

7. オプションとして基本設定タブの設定をすることもできます。

テストインポートを実行 このチェックボックスにチェックを入れると、最初の 5 商品だけがインポートされます。
インポート方法 “既存の商品のみ更新“を選択すると、データベースに存在していないショップの商品は無視されます。
“新しい商品のみ作成“を選択すると、データベースに存在しているショップの商品は無視されます。
在庫数をリセット すべての商品の在庫数がリセットされます。

更に追加設定をすることもできます。

インポート前に既存の商品ファイルを削除 現在登録されているファイルをインポート前に削除するか。
既存の追加画像を削除 このチェックボックスにチェックを入れると、既存の追加画像がインポートファイルで指定した画像に置換されます。
(画像が指定されてない場合は置換されません) このチェックボックスのチェックを外すと、新規の画像が追加されます。

8. インポートボタンをクリックします。設定に問題がなければインポートが実行されます。

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました