ショップの決済方法に「Amazon Pay」を追加するアドオンです。

Amazon Payの利用には、Amazon側で事前審査が必要となります。
審査の結果によりご利用いただけない場合がございます。予めご了承ください。
詳細はこちらよりお問い合わせください。
https://payments.amazon.co.jp/contactsales


事前準備その1 : セラーセントラルアカウントの作成・MWS(システムアクセスキー)の登録準備

Amazonでの事前審査が完了したのち、Amazonよりアカウント作成方法をご案内いたします。
ご案内手順にしたがって、セラーセントラルアカウントならびに、CS-CARTアドオンの設定に必要なMWS(システムアクセスキー)を登録準備いただく必要がございます。
セラーセントラルアカウントに登録された情報をAmazonにて再度最終確認させていただきます。
情報に問題がない場合には、以下の手順に従って設定作業を実施いただくことにより、CS-CartでAmazon Payをご利用いただけるようになります。


事前準備その2 : アプリケーションの登録

STEP01. Amazonセラーセントラル にログインします。


STEP02. ページ右上のドロップダウンメニューから「Amazonログイン」を選択してください。


STEP03. ページ右上の「新しいアプリケーションを登録する」ボタンをクリックしてください。


STEP04. 必要事項を入力し、「保存する」ボタンをクリックしてください。


STEP05. 「ウェブ設定」をクリックしてください。


STEP06. 「ウェブ設定」の「編集する」ボタンをクリックしてください。


STEP07. 「Javascriptの種類」に、 https://[CS-Cartを利用しているドメイン名] を入力し、「保存する」ボタンをクリックしてください。

例) https://test.com/shop でCS-Cartを利用している場合は、 https://test.com を入力してください。


STEP08. ページ右上のドロップダウンメニューから「Amazon Pay(テスト環境)」を選択してください。


STEP09. インテグレーション → MWS Access Key をクリックしてください。


STEP10. 「アプリケーション名」リストから、作成したアプリケーションを選択してください。



STEP11. 「シークレットアクセスキー」 と 「クライアントシークレット」 の「シークレットを表示」ボタンをクリックし、「シークレットアクセスキー」 と 「クライアントシークレット」 を表示してください。


事前準備その3 : CS-Cartの設定変更

STEP01. SSL設定の変更

CS-Cart管理画面 → 基本設定 → セキュリティ設定 にアクセスし、
 ショップフロントにおけるSSL通信の適用
の値を
 ショップフロント全体に適用
に変更して「保存」ボタンをクリックしてください。


STEP02. 住所情報の表示順の変更

基本設定 → 注文手続き にアクセスし、
 住所情報の表示順
の値を
 配送先住所を先に表示
に変更して「保存」ボタンをクリックしてください。


STEP03. 姓名フリガナの無効化(オプション)

Amazonでは顧客名のフリガナ入力欄がないため、Amazonアカウントのデータを利用してCS-Cart会員登録を行うと
 ・連絡先情報
 ・請求先住所
 ・配送先住所

 ・姓フリガナ
 ・名フリガナ
フィールドにそれぞれ
 ・セイフリガナ
 ・メイフリガナ
という文字列が自動でセットされます。
以下の手順で姓名フリガナフィールドを無効化することをおすすめします。

一般設定 → 会員情報フィールド にアクセスし、
 姓フリガナ および 名フリガナ フィールドの

 会員情報 および 注文手続き

 表示 チェックボックス
からチェックを外し、「保存」ボタンをクリックしてください。


アドオンのインストール

アドオン → アドオンの管理 にアクセスし、 利用可能な全てのアドオンを表示 を表示し、 Amazon Pay をインストールします。


アドオンの設定

アドオンのインストールが完了したら、 アドオン → アドオンの管理 → Amazon Pay にアクセスし、以下の項目を設定のうえ「保存」ボタンをクリックしてください。


クライアントID クライアントIDを入力
クライアントシークレット クライアントシークレットを入力
出品者ID 出品者IDを入力
アクセスキーID アクセスキーIDを入力
シークレットアクセスキー シークレットアクセスキーを入力
販売事業者リファレンスIDのプリフィックス CS-Cart側で生成する販売事業者リファレンスIDの先頭に付与する文字列を入力。
販売事業者リファレンスIDの重複を防ぐため、複数のショップでAmazon Payを利用する場合に設定してください。
テストモード Amazon Payのテスト環境に接続する場合にチェック
即時売上 与信完了と同時に売上請求処理を行う場合にチェック。
チェックしない場合は、受注後にAmazonセラーセントラルから手動で売上請求処理を実施する必要があります。
リージョン 接続するAmazon Payのリージョン(日本/アメリカ/イギリス/ドイツ)を指定
ボタンの種類 CS-Cartに表示するボタンの種類を指定(現在は「Amazonアカウントでお支払い」ボタンのみ)
ボタンのカラー CS-Cartに表示するボタンのカラー(ゴールド/ライトグレー/ダークグレー)を指定
ボタンのサイズ CS-Cartに表示するボタンのサイズ(小/中/大/特大)
商品詳細ページに「Amazonアカウントでお支払い」ボタンを表示 各商品の詳細ページに「Amazonアカウントでお支払い」ボタンを表示し、直接注文手続きページに遷移可能にする場合にチェック
注文手続きページにおける「Amazonアカウントのデータを用いて会員登録」チェックボックスをデフォルトでチェックされた状態にする 注文手続き完了後にデフォルトでAmazonアカウントのデータを用いて会員登録する場合にチェック
リダイレクト前の待ち時間(ミリ秒) 「Amazonアカウントでお支払い」ボタンをクリックした後に、注文手続きページにリダイレクトするまでの待ち時間をミリ秒で指定。例) : 2000 を設定すると、2秒後にリダイレクトします。
※この値が小さすぎると「Amazonアカウントでお支払い」ボタンが正常に動作しない場合があります。1500ミリ秒以上を設定することをおすすめします。


支払方法の追加

一般設定 → 支払方法 にアクセスし、画面右上の+ボタンをクリックすると支払方法の追加用ウィンドウが表示されます。
以下の項目を入力および選択してください。(「登録」ボタンはまだクリックしないでください


名前 任意の支払方法名を入力
決済代行業者 Amazon Pay を選択

続いて、支払方法の追加用ウィンドウを一番下までスクロールし、
 Amazonアカウントでお支払い
をチェックし、「登録」ボタンをクリックします。


レイアウトの設定

STEP01.

デザイン → レイアウト → 「購入手続き」タブ にアクセスしてください。
続いて、 注文の概要 ブロックや カート内の商品 ブロックが配置されているグリッドにカーソルを合わせ、 + アイコンをクリックしてください。


STEP02.

ブロックの追加 をクリックしてください。


STEP03.

グリッドにブロックを追加しています ウィンドウが表示されるので、 ブロックの追加 タブをクリックし、
 「Amazonアカウントでお支払い…
をクリックしてください。


STEP04.

名前 フィールドに 支払方法の切り替え と入力し、 登録 ボタンをクリックしてください。


STEP05.

STEP04で作成した 支払方法の切り替え ブロックをドラッグアンドドロップでグリッドの一番上に移動させます。


STEP06.

支払方法の切り替え ブロックの歯車アイコンをクリックし、
 ブロックの編集: 支払方法の切り替え
ウィンドウを表示してください。
その後、
 ラッパー

 サイドボックス(標準)
を指定し、
 ユーザー定義CSSクラス

 ty-order-summary
を入力して 保存 ボタンをクリックしてください。


以上で「Amazon Pay」アドオンの設定は完了です。


補足 :

現在のところ、CS-Cartの管理画面から売上請求やキャンセル処理を行い、Amazonセラーセントラル内の取引情報を更新することはできません。
CS-Cart管理画面の注文一覧や注文詳細ページに表示される AmazonリファレンスID を確認後、Amazonセラーセントラルにログインして1件ずつ処理を行う必要があります。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信