各商品にサプライヤーを割り当てることができます。

サプライヤー機能は、ドロップシッピングなどショップでは在庫を持たずに商品を取扱う際に使用します。
注文情報は支払いが確定した段階でサプライヤーに発送を依頼するメールが送信されます。
(送信されるメールの内容は 一般設定 → メールテンプレート より編集できます。)


基本設定

サプライヤーの会社名を表示 サプライヤーの会社名を表示します
サプライヤー毎に配送方法を表示 サプライヤー毎に配送方法を表示します

アドオンの設定画面です。
《サプライヤー毎に配送方法を表示》をチェックすると、サプライヤーが割り当てられた商品について
注文時に配送方法を選択することができるようになります。

《サプライヤーの会社名を表示》にチェックを入れていると、商品詳細ページにサプライヤー名が表示されます。
サプライヤー名をクリックするとサプライヤーの詳細情報を表示することが可能です。


サプライヤーの管理

サプライヤーの新規登録や管理は、 お客様 → サプライヤー から行います。

商品の追加は《商品》タブより行います。
《商品の追加》ボタンを押し、登録されている商品を選択・登録します。

《配送方法》タブではサプライヤーで有効な配送方法を指定します。
表示される配送方法は、ショップで有効となっている配送方法です。
それ以外の配送方法を指定することはできません。


サプライヤー商品を含む注文の流れ

ショップが管理する商品とサプライヤーが管理する商品は、同時に注文することが可能です。
以下は、その際の注文画面・管理画面の説明になります。

画面はサプライヤーアドオンの設定画面で《サプライヤー毎に配送方法を表示》にチェックを入れている場合のご注文手続き画面です。
それぞれ別々の配送方法を指定することができます。

同じ配送方法を指定していても、送料は別々に発生します。

先ほどの注文情報を管理画面から閲覧します。
サプライヤーに自動でメールが発送される条件は以下になります。

  • 注文時に決済が完了している
  • 入金の確認が完了し、注文ステータスを《支払い確認済み》に変更を行った

上記の場合は、ステータス変更時に《サプライヤーに通知》にチェックが入っていない場合でも自動で配送依頼のメールが送信されます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信